矯正治療の種類と特徴

MOUTHPIECE CORRECTION

「歯並びの矯正治療」と聞くと、マルチブラケットによるワイヤー矯正を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

ゴツゴツした金属のブラケットやワイヤーが目立ち、治療を受けていることが一目でわかってしまうのがイヤで、矯正を諦めていた人もいらっしゃるかと思います。

歯並びを改善する方法は1つではありません。マウスピース矯正やセラミック矯正のように「矯正装置が目立たない」「短期間で歯並びをきれいにできる」矯正法もあります。

ここでは矯正治療の種類と特徴について、それぞれ詳しくみていきましょう。

矯正治療の種類

KYOSEI SHURUI

矯正治療の種類

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は、歯列矯正の代名詞のような治療法ですよね。歯の表面に「ブラケット」と呼ばれる装置を貼り付けて、そこに金属製の「矯正ワイヤー」を通します。

そんなワイヤー矯正にも、審美性を高めたものや治療に伴う痛みを軽減したものなど、いろいろな種類があります。

①金属ブラケット矯正

金属ブラケット矯正は、文字通り金属製のブラケットを用いたワイヤー矯正です。メタルブラケット矯正と呼ばれることもあります。

金属のブラケットがどうしても目立ちますが、装置が丈夫で壊れにくく、比較的安価である点がメリットです。

②審美ブラケット矯正

審美ブラケット矯正は、透明や白色の目立ちにくいブラケットを用いたワイヤー矯正です。

ブラケットの素材はセラミックやジルコニア、プラスチックなどさまざまですが、金属製のブラケットと比べると審美性が向上します。

③リンガルブラケット矯正

リンガルブラケットは「裏側矯正」と呼ばれる治療法です。一般的なワイヤー矯正と同じように、金属製のブラケットとワイヤーを用いて歯並びを治していきます。

歯の裏側に設置するため、矯正治療中であることに気づかれにくいというメリットがあります。

④セルフライゲーションブラケット矯正

治療に伴う痛みを軽減できる矯正治療です。ワイヤーとブラケットの摩擦力が生じにくい構造で、歯をスムーズに動かしていくことができます。

矯正期間の短縮にもつながるというメリットがあります。

マウスピース矯正

マウスピース矯正はブラケットやワイヤーなどを一切使わずに、歯並びを矯正できる方法です。

その名の通り、マウスピースを装着することで歯を移動させます。取り外しができるため衛生的・金属を使用しないので金属アレルギーの心配がない・痛みが少ないといったメリットがあります。

また、数ある矯正法の中でも最も「目立ちにくい」ことがマウスピース矯正の特徴です。

セラミック矯正

セラミック矯正は、短期間で歯並びをきれいにすることができる治療法です。矯正装置を使って歯自体を移動させるのではなく、セラミックの人工歯を被せることで、歯並びをきれいに見せます。

厳密には「矯正治療」とは異なりますが、短い期間に歯並びをきれいに変えたい方・歯の白さや大きさ・形もキレイに整えたいという方に支持されています。

各矯正治療の相場

KYOSEI SOUBA

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正にかかる費用は、100万円前後です。審美ブラケットやセルフライゲーションブラケットなどを用いた場合は、もう少し費用が高くなります。

マウスピース矯正

上下の歯並びを治す場合、80万円~100万円くらいがマウスピース矯正の相場となります。

ただし、比較的軽度な歯並び改善の場合や、1~2本くらいの歯の歯並びを改善したいといった場合には、ワイヤー矯正に比べて安価で済むことが多いことも特徴です。

セラミック矯正

セラミック矯正は、人工歯を被せる歯の本数によって、治療にかかる費用も大きく変わります。1本あたり10~20万円と、医院によって料金設定が大きく異なります。

セラミック矯正について詳しくはこちらのサイトもご確認ください:セラミック矯正 | 東京ホワイトホワイトグループ

各矯正治療にかかる治療期間の違い

TIRYOU KIKAN

各矯正治療の期間の違い

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は、歯並びの移動が完了するまでに2年前後かかるのが一般的です。

マウスピース矯正

アソアライナーによるマウスピース矯正では、1年前後で治療が完了するケースが多いです。早い方では6ヶ月で歯並びがきれいに整います。

セラミック矯正

セラミック矯正は、歯を動かす必要がないので、数回の通院で治療を完了することができます。

1か月~2か月ほどで歯並びが整います。

ご希望やお口の中のご状態によって治療回数はことなります

マウスピース矯正はこんな方におすすめ

MOUTHPIECE CORRECTION

それぞれの矯正治療の違いや相場にみてきましたが、マウスピース矯正は以下のような方におススメです。

目立たない矯正で歯並びを改善したい

目立たない矯正をご希望であれば、マウスピース矯正が最適です。マウスピース矯正で用いる矯正装置(アライナー)は、透明な樹脂で作られており、お話をしたり笑った際にも気づかれにくいのが特徴です。

審美ブラケットに比べてもさらに矯正治療をしていることが目立たないので、若い女性や人前に出ることが多い方にも支持されています。

短い期間で治療を終えたい

マウスピース矯正の型取り

マウスピース矯正は特に軽度の歯並び治療の場合、ワイヤー矯正に比べて短い期間で完了することが多いです。

ワイヤー矯正は、噛み合わせを根本的に改善するために少しずつ歯を動かす治療です。

一方マウスピース矯正は、「前歯と前歯の間にすき間がある」「少し歯が出っ歯になっている」といった前歯の歯並びや軽度の歯並びの改善を審美的に行うのに適した治療です。

軽度~中度の前歯を中心とした歯並びの改善の場合、マウスピース矯正の方が短い期間で完了することが多いと言えます。

できるだけ費用を抑えたい

マウスピース矯正で費用を抑える

ワイヤー矯正の場合100万円前後費用がかかることが多いですが、マウスピース矯正が適用される症例の場合、マウスピース矯正の方が費用を抑えられることがあります。

マウスピース矯正はすべての症例で適用可能なわけではありませんが、軽度~中度の歯並び改善の場合でマウスピース矯正が適用される場合、10~15ステップで矯正治療を完了するケースが多いです。

ホワイトホワイトのマウスピース矯正の場合、50~75万円が費用の目安となります。

矯正治療について

MOUTHPIECE CORRECTION

マウスピース矯正について

マウスピース矯正であれば、矯正治療を受けていることに気付かれず、短い期間で治療を終えることができます。また、費用を抑えられるという点も大きく、マウスピース矯正を希望される患者さまが増えています。

「私の歯並びにマウスピース矯正は適用できる?」「費用や治療期間はどれくらい?」などまずはお気軽に無料カウンセリングにてご相談ください。

患者さまそれぞれに合わせて詳しくご回答させていただきます。

恵比寿本店

住所:東京都渋谷区恵比寿1-8-1 サン栄ビル8F
診療時間:11:00~21:00
※毎年12/30~1/3休診

LUMINE新宿店

住所:新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿1-8F
診療時間(平日):11:00~21:30
診療時間(土日祝):10:30~21:30
※年中無休(元旦のみ休診)

LUMINE有楽町店

住所:東京都千代田区有楽町2-5-1 ルミネ有楽町1-8F
診療時間:11:00~21:00
※年中無休(元旦のみ休診)